スポンサーリンク

心の健康

1年休職して復職したけどデメリットよりメリットが大きかった

私は適応障害で1年休職しました。

休職したいほど辛いけど、デメリットが怖い。

私も休職前はそんな不安で半年以上辛い状態で我慢していました。

休職前の私が不安に思っていたこと、復職後の私が感じたことを書いていこうと思います。

結論としては、デメリットが無いわけではないですが、メリットのほうが何倍も大きかったということです。

f:id:SU_03:20210602112816p:plain

デメリットについて

休職希望者が一番気になるのは休職することによるデメリットですよね。

私が感じたデメリットは一つだけでした。

同期と一年分差がつく

私の場合新卒入社の会社だったので、同期が数人います。

差といっても色々あると思いますが、技術面の差は割とすぐに追いつけます。

どうしても顕著に現れるのは給料や役職面での差でしょうか。

一年分昇給が遅れるので給与が少し下がります。

休職せず無理をするデメリットのほうが大きい

とは言え、このデメリットを加味しても私は休職して正解だったと胸を張って言えます。

おそらくあのままの状態で仕事を続けていたら今頃再起不能な状態で今頃稼ぎがゼロだった可能性があるからです。

1年分遅れが出るけど、安定した給与が出る。このほうが職を失い、生きる気力もお金も失ってしまうより断然良いですよね。

それに人事評価については、復職後に地道に仕事をこなしていけば正当に評価してもらえます。

メリットについて

休職中は様々なメリットがありました。

今振り返ると、久しぶりに人間らしい生活をしたように思います。

広い視野で人生を考えられる

休職中はとにかく時間があるのと、復職できない可能性も考えてこの先の人生について頭が痛くなるほど考えていました。

投資の本を読んだり、副業の本を読んだり、ブログを勉強したり。

そうすると案外「復職できなくても生きる道はある」という考えになり、復職を焦らなくなります。

今こうしてブログ更新をできているのも、当時少しだけブログの勉強をしたからかもしれません。


世界一やさしいブログの教科書1年生 再入門にも最適! [ 染谷昌利 ]

いちばんやさしい 副業のはじめ方がわかる本 [ 成美堂出版編集部 ]

新しいことを始めるチャンス

前述の通り、とにかく時間があります。

カフェで資格の本を読んだり、副業の本を読んだり、実際に副業サイトに登録してみたり、ブログを勉強して書いてみたり。

とにかくできることが沢山あります。

心のダメージケアととにかく相性が良かったのはジム通いでした。

身体を動かすこともできますし、トレーナの方との会話は会社復帰の練習にもなりました。

今はオンラインジムも充実しているので、気軽に参加することができますよね。

安く受けられる体験レッスンを色々と試してみるのも気晴らしになるかと思います。

仕事があることに感謝できる

休職前は、ひとまず人生のレールに乗って就職まできて、そのまま流れるようにサラリーマンをしていました。

休職中にサラリーマン以外の稼ぎ口を調べているうちに1円稼ぐことの大変さに気づくことができました。

仕事があって毎月安定したお給料がもらえる環境、辛かったけれどとても恵まれていたのだと気づけました。

肝が座って落ち着く

休職前は仕事のミスに敏感で、周りからの評価をとにかく気にしながらも辛い業務に勤しんでいました。

復職後は、なんというか肝が座ってミスに対して冷静な対処ができるようになりました。

ADHDに関するお薬も飲み始めたのでそちらの影響もあると思いますが、

焦りよりも先に解決方法を冷静に判断できるようになり、仕事への不安が激減しました。

休職における不安要素

収入がない

休職中はお給料が出ません。

医療費もかかります。

しかし、そんな不安を解決できる制度があります。

お給料に関しては、傷病手当金があり、

医療費に関しては、自立支援があります。

復職後の仕事復帰が怖い

休職を受け入れてくれるほどの会社であれば、復職後のサポートもしっかりしてくれます。

休職する方に共通していることが多いのですが、「人に頼るのが下手」という事が多いです。

周りからしてみれば、相談もなく一人で失敗されたりする方が迷惑になっています。

復職した際には、先輩も同僚も年下も頼ったほうが効率の上がる時には勇気を出して頼りましょう

もちろん前投げをしてはだめで、調べたりしてから質問してくださいね。

他には「仕事を忘れていそうで怖い。」という不安もあると思います。

とは言え休職の原因となった仕事に以前と同じ条件で再度復帰させられることは少ないです。

同じ仕事での復帰となっても新しい担当者がいたり、ほとんどは全く別の仕事での復帰となります。

その際には、上記にある通り勇気を出して人に頼ってみてくださいね。

充分な時間をかけて回復しよう

精神的なダメージは回復に時間がかかります。

私は2年かかってやっと回復したかな?という感覚です。

1年間は休職で完全にオフ。

もう1年間は仕事復帰をしてリハビリという感じです。

休職してしばらくすると、一時的に心が元気になって「なんでもできる気がするし、仕事復帰したい。」と思う時期があります。

このときに焦って復職してしまうと、またすぐに体調を崩してしまいがちです。

会社の規定にもよるとおもいますが、休める限界まで心と身体を休めましょう。

体調を崩しているときは休むことが最優先タスクです。

まとめ

デメリットは周りと昇給で1年分の差がついてしまうこと。

メリットは沢山あり、人生の視野が広がって肝も座ります。

お金の不安は制度を利用して解決できます。

一度心がダメージを受けてしまったら、治るのに時間がかかるので目一杯休みましょう。

焦っての復職は危険です。

以上が、私の復職でデメリット、メリット、不安点でした。


いちばんやさしい 副業のはじめ方がわかる本 [ 成美堂出版編集部 ]

私のソシャゲ依存に関する記事もおすすめです。

私が毎月12万円課金の重度ソシャゲ依存から脱却するまで

メンタルに関する読書レビューの記事です。

読書レビュー”HSPとグレーゾーンな人たち” 日常のあるある、原因と対策がわかる!

読書レビュー”人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ" やしろあずき先生

-心の健康

© 2021 すー Powered by AFFINGER5